その他 美容記事

梅雨で爆発して広がる髪を抑える3つの方法

投稿日:

どうも!!ロジカの衣笠です。

 

1年で一番と言っても過言ではないほど髪に収まりがつかない時期。

それが

梅雨

髪が広がって爆発しまくってる方も多いんじゃないかと。

そんな爆発しまくってる髪をスタイリングするのってむちゃくちゃ大変。

時間をかけて朝スタイリングしたのに時間が経ったら爆発しているとかよくある話で。

「あーーもうやってらんねぇ」って感じですよね。

そんな広がる髪をまとめやすくする3つの方法

どうすれば梅雨の時期独特の髪の広がりを抑えることができるのか。

 

「そんな方法があるなら教えて欲しい‥!!」

「あるんです…!!」

normal

もちろん当たり前の3つの事なので、その3つの事をいかに真剣に取り組んでくれるかです。

そもそも、湿気で髪が広がるのってちゃんと理由があるんですよね。

ご存知のように髪に水分を含ませて自然乾燥させるとどんどん髪が広がってしまい、これと同じ事が梅雨の湿気で起きているんです。

傷んだ毛先っていうのはキューティクルが剥がれちゃってて髪を守ってくれているバリアみたいなのが無くなった状態です。

 

キューティクルが剥がれちゃってる髪は、剥がれ落ちた箇所から湿気、水分が髪の中に入り、髪が水分を含んだ状態になります。

そうやって水分を含んだまま乾かせずにいるから自然乾燥になり髪がどんどん広がっちゃう。

と言っても外ではドライヤーができないから含んだ水分をどうしようもない。

そんなあなたに…!!!

①洗い流さないトリートメントをいつもよりしっかりつける。

9526fdd1b4e9904f60205437d2da8a54_s

「いやいや、普段からつけてるって…。つけても変わんねーよ。」とか言わないでください。

濡れてる髪じゃなくて乾いた髪にもつけていますか??

意外と、お客様に教えた時「知らなかった…。」と言われる事が多いんで

まだまだこの事って浸透しきってないんだろうなって思います。

乾いた髪に洗い流さないトリートメントをしっかりつけてあげる事で髪の補修もしながら

髪の表面を油膜で包んでくれるから髪の中に水分が入るのを防いでくれるんです…!!

そんな方法が1つ。

つけるトリートメントはオイルタイプがオススメです。

②キューティクルを整える努力をする!!

53f8fce8cf821252570a34aaa23939cb_s

どういうことかって言うと

朝お出かけする前にドライヤーを欠かさず使っていただいて、

その時に!!

その時に!!

ドライヤーを上から下に向かって使ってあげると綺麗に治りやすくなります。

結構間違えてしまうのが。顔よりも前からドライヤーをあててそのままワシワシッって乾かして終わりみたいな。

 

それじゃぁキューティクルは整わないんですよ!

ドライヤーを上から下に向かって当ててあげる事でキューティクルが髪に張り付いてくれます。

そのおかげでツヤも出るし、キューティクルが整うと水分が入る隙間とかもなくなってくれるんですねー。

これは結構大事なんで絶対やったほうがいいです!

上手にできる人はブローとかしちゃうと効果が倍ぐらいあがるんでマジおすすめです。

最後に、

③どうしても無理な時はアレンジしてあげる

これが一番手早く簡単なんじゃないでしょうか?

広がりすぎてどうしようもなくなったから髪をくくる。

これも一種のアレンジです。

それにあと一手間加えてあげて可愛い感じに持って行ってあげたりするとよりいいですよね♪

例えば…編み込みとか

IMG_4554

くるりんぱしちゃうとか。

IMG_3841

アレンジと言えど何でもいいと思います。

ちょっとした事を加えてあげるだけで段違いに可愛くなりますから♪

 

そんな感じで広がりを抑えてくれる3ポイントは!!!

①洗い流さないトリートメントをつけてあげる

②キューティクルを整えてあげる

③アレンジをしてみたりする

こんな3つの方法で梅雨の爆発は少しでもマシにする事ができちゃうんです。

髪の爆発でお困りの方は今日から1つだけでもいいからやってみてください。

読者が一押しする記事

1
ストレートパーマを当てた後は何日ぐらいシャンプーしないほうがいい??

目次1 ストレートパーマを当てた後は何日シャンプーしないほう ...

2
髪を3回とくだけでツヤツヤに!?魔法のクシ「ラブクロム」は本当に綺麗を手に入れられた。

目次1 ラブクロム 日本初!髪のツヤとハリを保って輝かせてく ...

3
ヘアビューロン・ビューザーを修理したいって思った人が見るといい記事

目次1 ヘアビューロンが壊れた時どうすればいいのか??1.1 ...

-その他, 美容記事
-,

Copyright© Kinukuma.com , 2018 AllRights Reserved.