Blog

焦らず、驚かず、本人確認をしっかり取りましょうね!

更新日:

どうも。京都,烏丸,美容院Allieの衣笠雅俊です。

https://m.facebook.com/story.php?story_fbid=712984452144354&id=268472723262198&refid=17&_ft_&__tn__=%2As

 

木村直人さんのシェアで見たんですが、

元記事は上記のURL

 

とりあえずは以下の文をご覧いただければと

 

[美容師さんを狙ったイタズラ電話に注意!!]

BOBのワークショップでもお世話になっている
伊藤豊さんより、美容室を狙ったイタズラ電話が、
静岡東部で起こりつつあるとのこと!  
美容師のみなさん、気をつけて!

以下伊藤さんのメールより。
「問題のイタズラ電話とは、美容室とお客様巻き込んでの
無差別的な愉快犯の犯行です。

内容は、男性からの電話で、
「ウチの子がそちらで予約をしているんだけど」
と問い合わせてきて、その日に子供の予約が入っていて
承っておりますと返事をすると、 本人確認の為、
「ご予約いただいてます◯◯様のお父様でよろしいでしょうか?」 と問うと、そうだと返事をする。

その男性は、予約の担当者の名前を聞いてきて、それが男性スタイリストだと 指名を女性に変えさせて、父親だと名乗り、次の話をするそうです。

「本人の病気の都合で髪の毛を短くしなければならないのだけど
病院の理髪店で切らせると、かわいそうな感じになるだろうから
今日の段階で、何も言わずに短く整えてほしい」と。

女性スタイリストは父親の言い伝えとして、強く言われ、
そのまま受諾。 当日予約が入っているその会話の渦中の子供は、全くの他人。

騙されたと気づいていないスタイリストさんは、言われた通り
いつもより短く切ってしまい、その子供は唖然。
希望したスタイルではなく、かなり短くされてしまうのです。
本人には、一言の確認もなく。

そこで、切られた本人から、
「どうしてこんなに短くしたんですか?」と尋ねられ、
初めて食い違いを自覚。

当然、親御さんに確認したらそんな電話の事実はあるわけもなく、 サロン様は、担当者と店長、責任者で親御さんと
後日ご自宅に出向き、謝罪に行くことに。

昔、九州地方でも同様の愉快犯のイタズラ電話が美容室であり
同一犯の可能性も考えられるそうです。

無差別の愉快犯の犯行ですが、
同様の事故が起こらない事を願います。

 

という内容で、実際Allieにも電話がありました。

僕が直接出たのではないんですが、電話の内容と聞いた感じ酷似してるので…。

 

 

Allieでは本人の身内であろうが本人確認と承認が出来ない限り

勝手に施術させてもらう事はしておりません。

 

結局こういうのが続くのはどこかで被害にあっているか、了承してしまってる事実が

あるから拡大してるんじゃないかとも思うし…

ましてや長い月日をかけてようやく伸ばした髪をバッサリなんて軽率にはやっぱりできないですよね。

 

美容師の方お気をつけください。

読者が一押しする記事

1

こんばんは! クセ毛って言ってほしいのにお客様からいつも天パ ...

2

どうも。こんばんは。京都・大宮・二条の美容院、ロジカの衣笠雅 ...

3

おはようございます。京都・大宮・二条の美容院、ロジカの衣笠雅 ...

-Blog
-,

Copyright© Kinukuma.com , 2018 AllRights Reserved.